レンタルといえばビデオやDVDなどが一般によく知られますが、ビジネスでもレンタルが使われるようになっています。ビジネスではリースがよく利用される傾向にありますが、リースの場合にはリース会社が、利用者の代わりに必要とする商品を代わりに購入して一定期間それを借りるというものです。利用者が自ら物品を購入した場合には会計処理では減価償却を行なわなければならず、処理が煩雑になりますが、リースの場合には費用は経費として処理できるメリットがあります。またリースの場合にはリース会社が窓口となって購入するため、場合によっては直接購入するよりも安価にその商品を利用することができます。

一方でレンタルはレンタル会社が保有している商品を貸してもらうというものであり、期間も短期間が中心になります。また借りられる商品も新品ではなく中古が中心で、新品の場合には割高な料金が設定されています。ただし、これらの料金には保守費用などが費用に含まれているメリットがあり、借りる段階でも整備されたものなので中古品を購入するよりも安心して利用することができます。またリースに比べて短期間であれば費用が安くなりますし、費用もリース同様に経費として処理することができます。

ビジネス用途のレンタルとしては複合機や電話、事務机や椅子など多岐にわたります。特にリースと異なり、保有しているものを借りる形式のため在庫があればすぐに借りることができるメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です