廃車は、下取りの方法で値が付きます。廃車って車が車でない状態ですが、自己判断は禁物です。いかに古くても見る人からすればその車には、価値があるかもしれません。そこで、今の車が、中古車なのか、それとも廃車なのかを診断します。

診断方法は、ネットなので中古車の見積もりサイトがあるのでそこで依頼をし、数社にて見積もりを取り値がつくようであれば、値がついた業者に卸すのが一番の得策です。その見積りで、どこも引き取り量が掛かったり、無料だったする場合は、廃車決定で、この場合は、下取り専門の業者に依頼をします。この下取り業者は車を車としての価値だけでなく、資源としての価値でも見てくれるので、必ず値が付きますし、最低でも税金分の返金はあります。ネットで検索をかけると数社同時見積もりが取れるサイトがあるので、簡単な車の情報を入力して見積もりを依頼します。

その結果の中で、一番値がいいところを選び、業者に連絡をします。業者は、手続きに関した書類を郵送してくれるので、その書類の手続き順に沿って行えば完了です。流れとしては、車の所有を業者に移して、処分手続きが完了すると車検証のコピーが郵送されます。業者の繁忙期は、年度末の3月でこの時期に手続きを行う場合は、最初にナンバープレートを郵送して手続きを行う方法などもあります。

車は後日、引き取りに来てもらいます。自走の場合は、業者の工場まで出向き手続きを行います。自走の場合は、その分の査定額もUPします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です