現在乗っている車両が低年式の車両で走行距離が多い場合、買い替えの下取り査定にて価格が付かないということもあるでしょう。価格が付かないことを理由に廃車をすすめられるも、廃車の手間を逆に支払ったという経験は無いでしょうか?通常の自動車販売を行うお店は、転売を目的に買取を行うため、価値が低いと判断した車両に査定価格をつり上げるようなことは無く、逆に手数料がかかると言い、料金を回収する業者もいます。しかし、どんな車両でも無価値ということは無く、必ずそれなりの処分方法があります。全く転売がきかない車両であっても、車にはモーターなどに使用されているコイルに銅線などが使用されており、金属部品も多く回収できます。

さらに使用が可能な部品はリビルド市場に回ることもあり、走行が可能で目立った不具合個所がない場合、海外に市場を求めて輸出されることがあります。そのため、たとえ数万円でも価格は付きます。海外市場に流通量が多い、メーカーの部品は部品取りとして価値が高いです。さらに、重量税や自賠責保険料、自動車税の還付が受けられるのですが、それはオーナーに返すことなく手数料までも回収し、さらに廃車買取り業者に売るのです。

この問題を解決するために下取りで価格が付かない場合、廃車買取り業者に見積もり依頼すると良いでしょう。下取り価格に納得がいかない場合も見積もりを取ると良いでしょう。廃車買取業者の見積もりは2社以上に出して比較すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です