車検は車によって1年、2年、3年ごとに受けることになる検査です。法律で定められており、車検が切れている車で公道を走ると違反となります。乗るなら車検は切らさずに取ることが大事ですが、検査を受ける方法はいろいろ用意されています。もっとも費用がかからないのは自分で陸運局に車を持ち込んで試験を受けることです。

試験場は個人、業者を問わず利用できます。時間が無いという方はディーラーか車検代行業者に依頼することで検査を通せます。費用の面では代行業者が安く、時間もかからないことが多いですが、メリットはディーラーで受ける場合でもあります。ディーラーで検査を受けるメリットは整備の内容の濃さです。

整備についてはブレーキ周りからマフラー、足回りまで幅広く見てもらえます。車検代行業者でも整備はするのですが、検査に通るための最低限となります。ブレーキパッドは交換することはあってもエンジンオイルなどは交換されないことが多いです。ディーラーでの検査ではコースになっていることが多く、整備の内容、各種オイル交換の有無まで幅広く選ぶことができます。

またディーラーで車を買った際に延長保証や追加保証を受けている車両の場合は他所で検査を受けると無効になることもあるので注意が必要です。ディーラーでの検査は細かなメンテナンスをしてくれるのが最大のメリットです。2年や3年ノーメンテナンスという車も多いですから、定期的なメンテナンスを合わせて行うと車を長持ちさせることにもつながります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です