車検はディーラーや車検代行業者でやってくれますし、自分で陸運局に車を持ち込んで行うこともできます。車検は一般的な整備が行われていれば検査費用と税金を払えば取れると言われていますが、その他にも用意しておかなくてはいけないものがあります。車検に必要な書類としては車の税金の支払い領収証、認め印、検査費用、重量税などの各種税金です。この内、毎年支払いが必要な車の税金については検査を受けるタイミングによって税金の支払い期日前なら今年分を支払わなくても検査が受けられることがあります。

車の税金は普通車なら県、軽自動車なら市町村から請求が行われます。この税金の領収書にはこの領収書の利用期限が書かれています。利用期限内なら今年の税金を支払う前でも検査が受けられるのです。検査は10万円くらいかかることが多いので税金も支払ってから受けるのがかなりの負担と考える方も多いので領収書の利用期限を確認して負担の少ない支払い方法を選択すると良いです。

また、検査の際、領収書を無くしてしまっていても陸運局で確認できますので問題ありません。その他の必要な書類として車検証と印鑑が必要ですが、印鑑は認めでも問題ありません。検査の費用については全国で同じですが車の整備費用についてはディーラーや代行業でかなり異なるので注意が必要です。検査がコースになっている場合もあり、整備をどこまで依頼するか、オイル交換などの追加整備をするかも選べるようになっていることが多いようです中古車販売のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です